読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぎばニャン怒りのデスマーチ

真の定時は23時だよぉ

「頑張り屋だよね」っていうのは「お前何の結果も残してないよね」と同じだよ

こんにちは。みわです。


仕事してて周りから評価されると嬉しいですよね。

「報われた!」

「認められた!」


働き始めた頃は誉められるとすぐ喜んでました。


自分なんか誰も気にとめてないと思っているときに声をかけられると(えっ私期待されてる…?)などと調子に乗ってしまうものです。


ある日気付いた…


f:id:syama0520:20160619080321j:plain



そしてある日、上司に言われたこの言葉が心にひっかかりました。


「ミワは頑張り屋だよね~」



……


がんばりや……


私が出した仕事の結果についてではなく、過程についてコメントされたことにひっかかりました。


だって、本当にいい結果出してたら「頑張り屋」なんて言われねーよ?!?!?!


お前たいしたことしてねーなってことだよね?!!


評価するような結果を出してないから、当たり障りのない「頑張り屋」という言葉を選んだんだなって感じます。(自分で言ってて悲しくなるワイ)



「いやそんなことないだろ」って思う人もいるでしょうけど…いやいや想像してくださいよ、30代後半くらいのバリバリのベテランは「頑張り屋だね」なんて評価されますか?



一番腹立つこと


そして何よりも一番腹立つのは、ちょっと誰かに誉められたことで「自分ってデキるやつだ~~!」って勘違いしたことです。


評価なんて、評価する人が変われば評価軸も変わるような水物ですよ。


そんなもんで中身が伴ってない自信をつけても、何の意味もないって今では思います。


表題にあるように、むしろ「お前たいしたことしてねーな」って言われてるんだと思って仕事に打ち込むようにしました。



誉め言葉は1割受けとる


そうは言っても、最初は結果出すとかそういうハナシどころではない新入社員などにはこう言った誉め言葉しかかけられないこともあると思います。


なので、例え誉められたとしても「あっ誰かが私のこと気にかけてくれてるんだー」程度に受けとる方がいいです。


ここで調子にのると、やたら経験年数と自信だけが肥大した役に立たないオノボリ社員が生産される可能性大です。


1割くらい受け取っておいて、残り9割を仕事のモチベーションに生かすことをおすすめします。



や~~自分で書いててもすっげー身につまされる…自分に厳しくありたいもんだ…